wordpressでSSLを実装した後の処理

運用中のワードプレスをSSLに実装するのに
便利なプラグインがあったので紹介します。

通常「http」から「hhtps」へなるのできちんとGoogleに
誘導してあげる必要があります。

一番先に思いつくのが「Redirect」
redirection

ワードプレスには「Redirection」という301エラーを誘導する
便利なプラグインがあります。

ですが一つ一つURLを設定する必要があります。
100ページのサイトなら100個設定しなければいけません。

ですがもっと便利なSSLに特化したプラグインがありましたので
設定方法も合わせて紹介します。

Easy HTTPS (SSL) Redirection

SSL実装に特化したプラグインでインストール後、有効化してください。

以下のようにチェックしてください。
プラグイン設定

Enable automatic redirection to the “HTTPS”…httpからhttpsにリダイレクトを有効化
Force resources to use HTTPS…画像のリンクを強制的にhttpsでロードするのを有効化

次にページ指定です
The whole domain…サイト全体に適用
A few pages…一部指定ページのみ

これで完成と思いきやもう一つ設定があります。
それは.htaccessファイルを直接変更します。

ロリポップの場合は管理画面にログインして直接FTPに
ログインし、ファイルを修正します。

ロリポップのFTP

htaccessをクリックして編集画面を開きます。

Easy HTTPS (SSL) Redirectionに記載されている四角の部分をコピーして
コピーする

htaccessにペーストします。

htaccessを編集

この時にキャッシュ系のプラグインを入れてる人は一度キャッシュを
クリアにする必要があります

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SSL化

Googleが推奨するSSL化