今更だけどMacBook Pro 2016 13.3インチモデルをレビュー!

Appleが2016年に発売したMacBook Pro 。
セミナーやプレゼンではMACブックを使うシーンが多いので気になっている人も多いはず。
いつからこんなにMACユーザーが増えたのだろう?やっぱりiPhoneの存在が大きいのかなぁ?

私はどちらかというとWindows派だけど、どうしても周りがMACを使ってるので
MACを選択せざるを得ない状況ですが、Windowsと比べてどうなのかレビューします。

マック気にある点

MAC Book Pro13.3インチモデルの気になるところは

「Touch barって必要なの?」
「新しくなったキーボードの使い心地はどう?」
「USB Type Cポート2つだけって不便でしょ?」

などが特に気になっていると思います。
全体的には満足しているものの、人によっては受け入れがたい部分もあると思うので、詳しく解説していきます。

私が購入したモデルのスペック

モデル名 MacBook Pro 13インチ Touch bar非搭載(MLUQ2J/A)
液晶サイズ 13.3インチ
カラー シルバー
CPU Core i5/2.0GHz
メモリ容量 8GB
ストレージ容量 SSD 256GB

2016年発売のMacBook Proはフルモデルチェンジが行われ、これまでのモデルとは外観・機能性ともに大幅な仕様変更となっています。
スペック的にはSSDの存在が大きいですね。

ハードディスクをSSD化することによりOSの立ち上がりスピード・アプリの速度が体感で数倍早いです。
これは外せないですね。

Touch barは必要ない

Touch barなし

現行MacBook Proといえば、キーボード上部にタッチ式の画面「Touch bar」が搭載されたモデルが発売されたことで話題を集めました。
個人的にTouch barは必要ないと思う

私もこの機能が気になりApple Storeで操作してみたのですが、イマイチ必要性が感じられず、最終的にはTouch bar非搭載のモデルを購入。

結果としては、Touch barなしのモデルを選んでよかったと思います。

その理由は次の3つ。

  • Touch barなしでも何の不自由もない
  • Touch barなしのほうが3万円安い
  • Fnキーに慣れているから、仕様変更で使いづらくなりそう

もちろんAppleが考えに考え抜いて搭載した機能なので、使いこなせれば操作性は上がるのかもしれませんが、いまの私には不要と感じたため、Touch barはつけませんでした。

キーボードのカチカチ音はけっこう大きい

キーボードのカチカチ音はけっこう大きい

2016年モデルからは、キーボードが「バタフライ構造」になっています。

バタフライ構造キーボードの特徴は、打鍵性が浅いこと。

この特徴により、キーのどこを押してもしっかり反応する、キーボードを薄い構造にできるため全体の厚みも減らせるというメリットがありますが、反対にキーストロークが浅く打っている感じがしない、今までのキーボードの感覚で打つと打鍵音が大きくなるというデメリットも持ち併せています。

実際に使ってみて、キーボードの操作性には慣れたのですが、やはり打鍵音はそれなりにあるため、人によっては気になるかもしれません。

私はキーボードの保護と静粛性を上げるためにキーボードカバーを使っており、結果、打鍵音はだいぶ抑えられていると思います。

Type Cポート×2だけではやっぱり不便!

MacBook Pro2016の唯一のデメリット

デメリットは、拡張性が低い点です

デメリットは拡張性が低い点です。
やはりType Cポートだけではあまりに不自由すぎです。

いまのところ、ほとんどの人はMacBook Pro 2016を購入と同時にアダプタの購入も必須となるでしょう。

アダプタがなければ、外部ディスプレイに繋げない、SDカードが使えない、USB-Aケーブルが使えないなど、大幅に作業が制限されてしまいます。

そして、このアダプタはそれなりにしっかりとしたものを買おうとすると1万円近くなってしまうため、痛い出費となります。

まとめ:結果的には購入して正解でした

今回はMacBook Pro 2016モデルを購入しようとしている人が気になるポイントに絞って、使用感をレビューしました。

USBポートがType-Cのみという点は気に入りませんが、以前のモデルと比べて、薄く・軽く、パワフルになった点に関しては購入して正解だったと感じています。

ただ他の人が使っている評判を見ると、画面にちらつきが現れた、キーボードの下にゴミが詰まりタイピングができなくなったなども起こっているようなので、引き続き使用感をチェックしていきたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

古いノートPCにSSDを実装

古くなったPCをSSD化で蘇る

CrucialのSSD

SSDの容量が少なくなったので大容量へ交換

NO IMAGE

自分のWEBサイトを立ち上げるには

K65 LUX RGB

ゲーミングキーボード CORASAIR